プジョー 207
プジョー207について

プジョー207について

プジョー 207解説員と相互リンク


プジョー 207解説員と相互リンクしていただけるサイト様を募集しています。


このサイトと属性が同じである

プジョー 207
・プジョーの車、バイク
・プジョーをはじめ車全般


などを取り扱っているサイト様と相互リンクできれば
うれしく思います。


もし、プジョー 207解説員と相互リンクしてもいい、
という場合には

お手数ですが、下のコメント欄にて

・サイト名
・サイトURL

をお知らせください。


遅くとも48時間以内に相互リンクを完了いたします。


沢山のサイト様と交流できればうれしく思います。

プジョー207について

プジョー 207 インプレッション

プジョー207のインプレッション。プジョー207は、発表から注目されていることではあるが、やはり一番気になるのがエンジンだろう。プジョー207には1.6L直列4気筒DOHC直噴ターボのEP6DTというエンジンが搭載されている。EP6DTというのはPSAとBMWグループの共同開発によるもので、BMWでは最近デビューした新型ミニのクーパーSに同じエンジンが搭載されているそうだ。プジョーではこのユニットをTHPと呼んでおり、0.8barの最大過給とすることで最高出力150ps/5800rpm、最大トルク240Nm/1400−3500rpmという2.0L級のスペックを実現しているというのだ。
そして、プジョー207のエクステリアのデザインだが、全長4030(+195)mm×全幅1720(+50)mm×全高1472(+22)mm。ホイールベースは2540(+100)mmと、先代の206に比べるとひと回り大きくなっている模様。このサイズが、実は日本の規格に当てはめると、5ナンバーサイズのクルマではなくなってしまったのが少々残念なところだ。プジョーと言えば、粘り腰のいわゆる“猫足”と呼ばれる足回りが特徴だが、プジョー207には、この猫足は継承されている。進化しながらも古きよき特徴をプジョー207はおさえているのだ。
タグ:プジョー207
プジョー 207等の価格比較はコチラが便利

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。